【1分で分かる】メルカリでネコポスを使いたい!料金・追跡方法は?

スポンサードリンク

クロネコヤマトの新サービス

「ネコポス」

メルカリでは「らくらくメルカリ便」

という名前で利用することができます。

このネコポス、送料は非常に安く

さらに宅配便と同じ速さで届き

追跡&補償サービスがあるので

メルカリやヤフオクに出している人にとっても

非常に便利!

メルカリなどで出品している人は

知らないとかなり損しますよ!

ネコポスとは

小さな荷物を翌日配達で

ポストに投函してくれる

クロネコヤマトのサービスです。

ポストに投函してくれる上に

宅急便と同じスピードで届けてくれるので

受取人側から見ても、

とてもありがたいサービスとなっています。

ヤマトと契約した法人や個人事業主が

利用することが出来ます。

しかし!

ネコポスはメルカリ・ヤフオク・ラクマ

オタマート・minneと業務提携しており

これらのサービスの出品者は

誰でも使うことができます。

送れるサイズと重量

・角形A4サイズ(31.2cm以内×22.8cm)以内

・厚さ2.5cm以内

・重さ1Kg以内

ポストに入らない場合は持ち帰りとなります。

価格・料金

料金は数量や出荷形態など、

クロネコヤマトの契約内容によって

変動します。

…が。

これはあくまで企業や個人契約の話。

メルカリでネコポスを使う場合は

全国一律195円(税込み)

で、利用することが出来ます。

※ちなみにヤフオクだと

全国一律205円(税込み)

という値段設定になります。

追跡

メルカリでは、発送通知後

取引画面から配送状況を確認することが出来ます。

それ以外で確認したい場合は、

普通の荷物と同じく

「追跡番号(お問い合わせ番号)」が

必要となります。

追跡は通常時と同じで

「クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム」

から検索することが出来ます。

扱いは郵便物なのに

荷物の追跡ができるのは便利ですよね。

当サイトでも検索可能にしていますので

使っていただけると嬉しいです。

↓  ↓  ↓

クロネコヤマト・佐川・郵便の追跡番号を一括検索!

日数

宅急便と同じです。

具体的に言えば、出した荷物は

「翌日配達」されます。

ただし時間指定はできません。

ポスト投函なので、

こまめにポストを見るようにしてください。

補償

メルカリで出品したとき、

配送時にトラブルが起きた場合は

商品代金は全額補償です。

ただし個人契約の場合、

荷物の紛失や破損に対する限度額は

3000円となっています。

個人契約でネコポスを使う時は

3000円を超えるような高い商品は

使わないほうがよさそうですね。

個人契約は不可?

メルカリ・ヤフオクなど以外で

ネコポスを使用するには、

以下の条件が必要となります。

・ヤマトビジネスメンバーズであること

・インターネットに繋がったパソコンを利用できること

・ラベルの印刷が可能であること

以上の条件が必要となります。

最初の条件にあげた

「ヤマトビジネスメンバーズ」が

法人・個人事業主を対象とした

会員サービスであるため、

このサービスを使用することが

難しくなっています。

梱包について

ネコポスには日本郵便のレターパックのような、

専用の梱包材はありません。

角形A4サイズ(31.2cm×22.8cm)以内で

厚さ2.5cm以内ならばOKです。

▼Amazonにはこんな商品も…

集荷について

ネコポスで集荷サービスを使う場合

集荷料として+30円かかります。

集荷料は、取り引きごとに発生しますので

ご注意ください!

ヤマトの営業所が近くにない方は

ファミリーマートやサークルK・サンクスで

集荷手続きをすることが出来ます♪

メルカリやヤフオクなどでは

送り状もコンビニで発行できるので

コンビニのほうが楽かもしれませんね。

取り扱えないもの

クロネコヤマトの宅急便と

取り扱い得ないものはほぼ同じですが

ご紹介したいと思います。

・現金、小切手、手形、株券など

・クレジットカード、キャッシュカードなど

・再発行が困難な書類(パスポート・受験票・車検証など)

・再生や復旧が困難になるもの(原稿・テープ・フィルムなど)

・生き物

・毒物や劇物

・遺骨、位牌、仏壇

・銃砲刀剣類

・発火性、引火性、揮発性のある物品(花火や灯油、ガスボンベなど)

・30万円を超えるもの

・不衛生なもの、他の荷物に影響を及ぼしそうなもの

・公序良俗に反するもの

場所によっては送れないもの

これは沖縄から他の地域に送る場合、

北海道から九州・中国・四国に送る場合、

また、その逆(本州→沖縄や九州→北海道など)が該当します。

事前申請しても送れないもの

・火薬類(花火・クラッカー・弾薬など)

・高圧ガス(スプレー・ダイビング用ボンベ・カセットコンロ用ガスなど)

・引火性液体(オイルライター・化粧品・香水・ヘアスプレーなど)

・可燃性物質(マッチ・炭など)

・酸化性物質(漂白剤・過酸化物など)

・毒物(殺虫剤・農薬・消毒液など)

・放射性物質

・腐食性物質(液体バッテリー・蓄電池など)

・その他有害物質(マニキュア・除光液・磁石など)

「飛行機に乗せてはいけないもの」とほぼ同じです。

メルカリやヤフオクなどで

コスメを売っている人も多いと思いますが

例えばですが、東京の人が沖縄の人に

「マニキュアを送るのはダメ」ということになります。

事前申告・梱包次第で送れるもの

・ドライアイス

・リチウムイオン電池&リチウムイオン電池が内蔵された製品

(パソコンやスマホ、ゲーム機など)

・GPSや電波を発信するもの(スマホやゲーム機など)

以上のものは送る前に

営業所やセールスドライバーに

問い合わせてください。