アマゾンの送料を無料にするには?知らないと損する配送料無料の裏ワザ!

スポンサードリンク

意外と馬鹿にならないアマゾンの配送料。

2016年までは1円の買い物でも

送料は無料でした。

送料は有料化になったわけではなく

無料サービスをやめただけですが

0円だったのが350円になると、

結構大きい変化ですよね。

一ヶ月に2回、日用品をまとめて注文しても

8400円を超えてしまうわけですから。

実は、送料を少しでも節約する

方法があるんです!

もちろんAmazonから対策されることのない

まっとうな方法ばかりですので

ご安心ください。

Amazonの送料設定

まずは通常の送料設定から見ていきましょう。

・一般会員は2000円未満の購入の場合、通常の送料(350円)がかかります。

・Amazonが発送する書籍&ギフト券は送料無料です。

ただし、以下のオプションをつけると

別に料金がかかります。

お急ぎ便 360円(税込み)

当日お急ぎ便 514円(税込み)

お届け日時指定便 360円(税込み)

※当日指定  514円(税込み)

まとめると、

2000円以上買えば送料は無料

そしてオプション料金は別でお金がかかるという事ですね。

送料を無料にする方法

さて、それでは送料を無料にする方法をご紹介します。

・2000円以上の購入

上記でもご紹介していますが

新しい送料設定により、

2000円以上の購入で送料が無料になります。

2000円以上の商品を一つ買った場合でも

2000円未満の商品を複数買った場合でも

会計時に2000円を超えていれば

送料は無料になります。

・Amazonプライム会員になる

プライム会員は年会費3900円の

有料会員サービスです。

ですので「完全に無料」ではありませんが…

途中解約もできて、

かつ気に入らないようならば返金もしてもらえます。

関連記事…アマゾンプライム年会費と解約した時の返金方法

この会員になれば、

送料も、その他の配送オプションも

全て無料となります。

どのぐらいお得かというと

「今日注文して、今日届けて欲しい商品」で比較すると…

通常会員…送料350円+当日お急ぎ便(配送オプション代金)514円=864円

プライム会員…送料0円+当日お急ぎ便(配送オプション代金)0円=0円

と、送料だけで800円以上の

差が出るのです。

これを一ヶ月に2回注文すると

2万円の差に。

年会費は3900円ですので

2000円未満の買い物を

1年に12回以上行う方は

プライム会員のほうがお得ということになります。

・定期おトク便を使う

シャンプー、歯磨き粉、トイレットペーパー、

おむつにサプリに化粧品、ペットのご飯…

毎日の生活の中で、あるいは定期的に

使うものがある程度決まっている場合に使えるのが定期便。

1ヶ月~6ヶ月ごとに

指定した商品が自動的に届きます。

しかも毎回、割引価格が適用されます!

例えば、ひとり暮らしだと

お米5kgは1ヶ月でなくなります。

毎月1回、このお米を買うと

1980円+送料350円=2330円かかる計算になります。

定期便なら10%OFFが適用され、

1782円+送料0円=1782円に!

つまり定期便にするだけで、

ひと月分のお米が

548円もお得になる計算です。

これが半年だと3288円、

1年分だと6576円になります。

お米がさらに3袋追加で買えちゃいますね。

定期便をつかうだけで

これだけ料金が変わるので、

定期的に購入するものは

定期便に切り替えるのが一つの節約術になります。

・書籍と一緒に購入する

Amazonは元々、Cadabra(カタブラ)という名の

アメリカのインターネット書店でした。

しかしベンチャー計画を相談していた弁護士に

えげつない聞き間違いをされ、

Amazonに改名したのだとか(笑)

それはさておき、そういった経緯から

Amazonは書籍類に今だ強く、

アマゾンが出品している本を買うと

送料が無料になります。

それは同時に購入した商品も対象!

試しに600円ほどのお菓子を入れてみました。

▼赤枠部分を拡大

配送料・手数料がばっちりかかってますね。

(※ここでは代引きで申し込みました。)

私が欲しい本を入れてみました。

▼赤枠部分を拡大

送料の350円がきちんと割引されてますね。

欲しい本がある時は、

書籍との同時購入をオススメします。

書籍と一緒に購入しても送料無料にならないんだけど!

例えば、飲み物をカートに入れて

注文画面へ進むとこんな感じ。

▼赤枠部分を拡大

配送料・手数料がばっちりかかってますね。

(※ここでは代引きで申し込みました。)

ここに私の買いたかった本を

1冊だけ入れてみます。

▼赤枠部分を拡大

本が入ってるので、

送料は無料になるかと思いきや…

ばっちり送料350円が取られています。

実はコレ、水が「特別取扱商品」になっているからなんです。

特別取扱商品に指定された商品は

取扱手数料として

別途350円がかかります。

▼商品ページに記載があります。

水・お茶・ジュースなどの飲料と

大型テレビなどの家電製品は

この「特別取扱商品」に指定されています。

おそらく運送業者への配慮なのでしょうね。

もう一つ、2000円を超えているのに

送料無料にならない条件があります。

それは「マーケットプレイスの商品をカートに入れている」こと。

Amazonのマーケットプレイスは

個人間の売買を指します。

アマゾンは販売スペースを貸しているだけであり、

出品しているのは個人だったり、

企業やお店だったりします。

商品代金が2000円超えているのに

無料にならない…というときは

マーケットプレイスの商品を入れてしまっていないか

確認してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする