佐川急便の追跡が「集荷」のまま変わらない場合の対策

スポンサードリンク

佐川急便で発送されたはずの荷物が

「集荷」のまま、なかなか変わらない…

そんな時にまずやるべきことをまとめてみました。

荷物が届くのを待つ

このページをご覧になっている方は

「相手から発送したという連絡が来たけど、集荷ステータスのままなかなか変わらない…」

もしくは

「相手から問い合わせが来た」

のどちらかではないでしょうか。

まずは佐川急便で表示される、

ステータスの意味を確認してみましょう!

集荷 :差出人が出した荷物を、ドライバーor営業所が受け取り、荷物が発送された

輸送中:中継センターを通過した

配達中:あなたの最寄りの営業所に到着→ドライバーが荷物を持って移動中

配達完了:配達が完了した

持ち帰り:ドライバーさんが届けることが出来なかった・営業時間終了・宛先の間違いetc…などの理由から、荷物が営業所に戻った

以上のような意味になります。

しかし佐川急便のWEB追跡は

いい加減なところがあり、

実際はもう既に輸送・配達状態なのに

ステータスは「集荷」のままなんて頻繁にあります。

元々、運送会社の追跡システムは

利用者向けに作られたのではありません。

情報の入力はドライバーが自ら操作するので

ドライバーのタイミングに左右されます。

なので、追跡サービスを利用する時は

「おまけ」程度に考えておいたほうが

精神衛生上いいかもしれませんね(;´∀`)

営業所への連絡

「まったく荷物が動かない」

「集荷のままステータスが変わらない」

といった場合は、倉庫で忘れられていたり

誤配されている可能性があります。

不在通知もなく、集荷ステータスのまま

1週間も経ってしまった…という状態なら

担当営業所に連絡をしてくださいね。

ただし、佐川の営業所は

なかなか電話が繋がらないことでも有名です。

特に繁忙期は繋がる可能性のほうが低いです。

繋がらなくても、時間をおくなどして

根気よく電話をかけてください。

担当営業所の調べ方

発送元から連絡してもらう

佐川の営業所に電話してもつながらない、

荷物が来ないという時は

差出人から連絡を入れてもらうのも一つの手。

特に差出人が企業・業者ならば、

商品が届かないとなると

佐川は取引先を失う可能性があります。

ですので、一度企業・業者側から

連絡を入れてもらうといいかもしれません。

また、実際に代引き商品での取引の際に

「配達されないならキャンセルする」と

販売元にメールを送ったら、即届いた例もあるそうです。

なかなか届かない、というときは試してみてください。

※ただしこれもやはりお店によります。

各運送業者に直接連絡してください、という場合も多いので

あまり過度に期待しないようにしてくださいね。

まとめ

なかなか集荷のままステータスが動かないときは

・少し待ってみる

・営業所に連絡してみる

・差出人から連絡してもらう

という順番で試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする