夏は「湿布の貼り方」にも要注意!恐ろしい副作用が…

パソコンで仕事ばかりしていたり、

スマホで遊びすぎた結果、

肩こりや腰痛、腱鞘炎や首のこりで

悩まされている方も多いのではないでしょうか。

なお、私はパソコンもスマホもやりすぎで

肩こり・首こり・腱鞘炎を抱えています(´Д⊂ヽ

そこで病院で処方されたのが

「モーラステープ」という湿布薬。

市販では買えない湿布なのですが

これで2年ほど前、大変なことになりました。

Twitterを徘徊していたら

話題になっていたようなので

私も便乗して当時のことを書いてみます。

スポンサードリンク

5月24日、事件は起きた

前々から中々治らない腱鞘炎に悩まされ、

冬頃に処方されたモーラステープを

右手に貼り、「あること」をした所……

はい、めっちゃ腫れ上がりました。

腫れ&水疱でとてつもなく痒く、

腱鞘炎以上に我慢できない状態に。

「太陽光はよろしくない」と

噂で聞いたことはあったものの、

「たった10分、バイクに乗るだけだし」と

完全に油断してたことが原因です。

翌日、休みをもらって皮膚科に行き

2種類の軟膏をもらって塗り続けました。

約1ヶ月半後

はい、今度は7月1日に撮った写真です。

それがコレ▼

元々色黒で、日に焼けやすい体質なんですけど

それ以上に真っ黒。

ちなみに一部色素沈着してしまい

2年たった今でも、

人差し指の付け根あたりにうっすら黒い部分が残っています。

ただの湿布と侮ってはいけない

ある薬品会社が、

モーラステープの副作用の可能性があるとして

紹介しているのは以下のような症状。

ショック、アナフィラキシー様症状・・・呼吸困難、蕁麻疹、顔面浮腫

アスピリン喘息・・・喘鳴(ヒューヒュー音)、呼吸困難

接触皮膚炎・・・カユミ、刺激感、紅斑・発疹・発赤

光線過敏症・・・紫外線によるカユミを伴う紅斑、発疹、刺激感

私の場合は、まさに

「接触皮膚炎」「光線過敏症」ですね。

やはりモーラステープは処方薬。

「このぐらい平気だろ」と甘く見ると

自分が痛い目を見ます。

対処方法

実際に同じ症状になってしまった場合は

即皮膚科へ。

私はそこで2種類の軟膏をもらいました。

薬品名は今となっては不明です。申し訳ない。

また、受診した皮膚科では

「太陽光を避けろ」というアドバイスは

もらえなかったと記憶しています。

ですので、過敏にならなくても

よかったのかもしれませんが、

私はとにかく太陽を避けるようにしました。

右手でしたので、

紫外線カットの手袋をしたり

出来るだけ長袖を来たり。

5月~7月の間は、汗で本当に大変でした。

以上で水疱は約2週間で収まりました。

色素沈着は半年ぐらいかかりましたけどね(;´∀`)

今回紹介したモーラステープに限らず、

病院で処方されるような薬は

しっかりと使い方や注意点を聞いて

使おうとしみじみ思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする