ダイエットは食事制限と筋トレどっちが痩せる?重要視すべきなのは…

食事制限 vs 筋トレ…どっちが大切?

A.脂肪を落とすことが目的か、引き締めることが目的なのかを明確にする必要がある

ダイエットを始める時、まずは「どうなりたいか」を明確にしなければなりません。

例えば体脂肪を落としたい場合。

筋トレは筋肉を強くする効果がありますが、

筋肉がつき始めるのは、筋トレを始めてからおおよそ3ヶ月程度。

3ヶ月間、正しいフォームでコツコツと続けなければ

目に見えて筋肉がついてきた、と実感することは出来ません。

さらに長期的に見れば筋肉は脂肪燃焼効果がありますが

やはり目に見えて分かるものではありません。

目に見えて実感は出来ませんが、

筋肉はすこしずつ成長していきます。

しかしダイエット初心者はこの最初の3ヶ月を耐えることが出来ず

「やっぱり効果がないんだ…」と諦めてしまうのです。

スポンサードリンク

それならば、まずは食習慣の見直しと食事制限からはじめることがダイエットの第一歩として簡単ではないでしょうか。

さらに言うなれば、脂肪を燃焼したいならば

筋トレよりも有酸素運動の方が効果的。

特にウォーキングやジョギングのように

低負荷で長時間行えるものを、毎日継続的に行いましょう。

次にボディライン改善・引き締めの場合。

筋トレはキレイに見える体型を作るのに一役買っています。

女性ならばくびれやボディラインが綺麗に見えますし、男性ならばたくましい体に。

筋肉がつくと姿勢もよくなるため、格好良く見えるようになります。

この場合、やはり太らないようにある程度の食事制限は必要ですが、

筋トレに注力していきましょう。

POINT

標準体重を大幅に超えている場合は、まずは体脂肪を落とすことに集中します。

基本は食事制限+ジョギングやランニング、ウォーキングなどの有酸素運動を習慣化することから。

筋トレはサイドメニューと捉え、運動を出来ない日や空いた時間などで筋トレをしていきましょう。

標準体重に近い肥満の場合は、食事制限+有酸素運動をこなしながら筋トレを少しずつ増やしていくことで、理想の体型への道のりが近くなっていきます。

標準体重の場合でボディを引き締めたい場合は食事制限+筋トレを中心に行います。

ちなみに、100回も出来るような筋トレは筋トレとしても有酸素運動としても意味がありません。

筋トレとしては負荷が弱すぎず、きちんと鍛えられていない可能性があります。

しかし有酸素運動としては負荷が大きく、かつ運動の時間が短い為、消費カロリーが少ないという面があります。

やるならば、100回やるよりも、自分がギリギリの全力で出来る10回の筋トレのほうが効果があります。

食事制限によるダイエット効果と筋トレによる筋肉肥大効果を同時に得るのは不可能!

筋肉の減少を抑えるために、筋トレは非常に重要です。

しかし、食事制限で筋肉は落ちるということを知っておかねばなりません。

正しくは筋肉と脂肪の両方が落ちるため、注意が必要です。

「おデブ芸人90日間 ムキムキダイエット」という番組が

今から約5年前にABC放送で放送されました。

その時に挑戦した芸人は、初恋タロー(当時29歳)。

彼がテレビの力を借りて3ヶ月間の肉体改造をした結果、

・体重:89.2kg→69.5kg (-19.7kg)

・ウエスト:103cm→73cm (-30cm)

・体脂肪率:29%→17% (-12%)

・除脂肪(筋肉):63.3kg→57.7kg (-5.6kg)

でした。

数字を簡単に見ただけでも、体重・体脂肪・ウエストは大幅に減り、さらに筋肉までもが減っています。

つまり冒頭でご紹介した通り、ダイエットと筋肉の肥大の両立はとても難しいのです。

食事制限だけでダイエットは可能?

食事制限だけでもダイエットは十分可能です。

ダイエットの基本は

摂取カロリー<消費カロリー

になること。

肥満になる人のほとんどは、

食習慣や食事のバランスなど、

どこかに必ず肥満になる原因が隠されています。

その食事の乱れを見つけることこそが、食事制限の第一歩となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする