義援金と支援金の違い

東日本大震災の直後から聞くようになった「義援金」という言葉。

しかしいざ自分が募金しようとした時についつい「支援金」と間違ってしまいませんか?

一見似たような言葉ですが、実は募金の使われ方が全く違うんです。

関連記事

悪質すぎる…熊本地震をネタにした募金詐欺に要注意!

義援金とは

まずは義援金。

こちらは集まった募金を全額被災者に分配するようになっています。

たとえば日本赤十字や赤い羽根募金、24時間テレビで有名なチャリティマラソンなどはこの「義援金募集」という形を取っています。

募金の分配方法については地方公共団体や日本赤十字、マスコミなどの関係者から構成された「義援金配分委員会」が行っています。

ただ、この分配方法は委員会による会議を重ねてからなので、被災者の元へ募金が届くのが少し遅いんです。

支援金とは

次に支援金。

ボランティア団体やNPO・NGOなどの支援団体の元に集まる募金が支援金と呼ばれます。

あなたが「賛同できる活動」をしている機関や団体に対して

「私は直接支援活動に参加できません。私の代わりに、あなたたちが被災者の役に立つ活動をしてください」という意味が込められています。

そのため、支援金は被災地に負担をかけないための費用、例えば宿代や食費、その他救援に必要な物資に使われます。

ただしここで注意して欲しいのが「善意のボランティア団体を名乗る悪徳集団」。

集まった募金を自分の懐に入れてしまう不届き者がいますので、こちらでも記事を書きましたが、支援金を送る際は見極めが大切です。

スポンサードリンク

ボランティアしたい方へ

焦る気持ちは分かります。

しかし混乱の今、素人が行っても邪魔なのは確実。

被災された方達を第一に優先することが大切です。

また、「送られても迷惑なもの」を送るのも危険。

千羽鶴、寄せ書きはいりません。なによりも水と食べ物が優先です。

外国語表示の食品はアレルギー成分の問題で使いにくいです。

冷凍食品は冷凍庫がない避難所のほうが多いので、ダメになってしまいます。

生鮮食品も腐らせると衛生面で問題があるため、喜ばれません。

賞味期限の切れた食品を送る人がいますが、こちらも迷惑。

古着や下着など、これも阪神淡路大震災の頃から問題になっていました。正直ゴミになるだけです。

自分で食料や寝床を確保できないボランティアも東日本大震災で問題になりました。

一番に必要な物はお金。

そして食べ物や飲み物、そしてそれらが足りてくると今度は人が必要になってきます。

自分のできるものからで構いません。

(自分の生活の基盤が出来ていないのに、ボランティアにいったら自分がダメになっちゃいますよ(^_^;))

22日から、午前9時から午後4時まで

熊本市内の「熊本市災害ボランティアセンター」でボランティアの受付を行うそうです。

こちらはお年寄りや障害のある人の家など、センターが指定した場所で後片づけなどの作業になるそうです。

お問い合わせはコチラ。

熊本市ボランティアセンター:096-288-2748

熊本市社会福祉協議会:096-322-2331

熊本市災害ボランティアセンター:090-6653-1592

090-6653-1581

ファックス番号:096-354-2122

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする