yahoo翻訳は無料なのにめちゃくちゃ凄い翻訳機能があるって知ってた?

63f81dc9ee0da83e39b76cf8c20f4e31_s

スポンサードリンク

こんにちは、千尋です!

今回は色んなサイトの機能と使いやすさを重視した上で

Yahoo!翻訳の特色と便利な使い方をまとめてみました。

Yahoo!翻訳のページはこちら

ヤフー翻訳とは?

ヤフーの翻訳サイトは

・外国語の文章を日本語へ翻訳

・日本語の文章を外国語へ翻訳

以上のことが誰でも簡単にできるYahoo!の無料サービスの一つです。

言語は英語・フランス語・ポルトガル語・中国語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・スペイン語の8の言語に対応!

日本の企業のサービスだけあって、日本人のことをよくわかってるねーって感じのラインナップですね( ´∀`)b

ヤフー翻訳のスゴイところ

まずはこの画像。

ヤフー翻訳のページのスクリーンショットです。

2016-05-26

その上の方にあるコレ!

2016-05-262

実は、サイトのURLを入力して翻訳ボタンを押すと、そのサイトの英文と和訳文を並べて表示してくれます。

これ、他のサイトにはない機能!

私は海外のニュースサイトを見るときは、ページのまるごと自動翻訳機能を使っていました。

(Chromeだと右クリックで「日本語に翻訳」という項目が出ます)

ただ原文を見たい時、まるごと自動翻訳じゃ不便なんです…orz

そんな時に見つけたのがこの機能でした。

実際に使ってみるとこんな感じです↓

(使用ページ:ロケットニュース

2016-05-26-3

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

2016-05-26-4

ね、英文と訳文が一緒に載ってる!

文章は自動翻訳だなぁ…という感じですが

英語を勉強しながら使っていく分にはすごく便利です。

グーグル翻訳との違い

さて、ここで知っておいて欲しいのが翻訳のシステムについて。

実はGoogleとYahooでは、翻訳システムに大きな違いがあるんです。

それは、Google翻訳は統計ベースの翻訳エンジンを採用し、

Yahoo翻訳はルールベースの翻訳エンジンを採用しているという点。

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが

Googleは多くのユーザーが実査しに入力した、大量のデータを元に、自分で翻訳方法を学習していくシステム。

データがいっぱい集まれば、それだけ自然な翻訳文が可能になり、翻訳の精度が上がっていきます。

そのためSNSにはめちゃくちゃ強い傾向があります。

そしてヤフーは、「主語」「述語」「目的語」などを解析し、文章に従ってそれぞれ単語に当てはめて翻訳するというもの。

いわば教科書通りの翻訳をしてくれます。

ただ、当然両方共デメリットが存在します。

Googleは「ユーザー側の善意」で成り立っているので、

悪意を持っていたずらを仕込まれると結構弱いんです(;´∀`)

そしてYahoo!は文法的に正しくなければ翻訳がうまくいかないという点。

実際使っていると、不自然な翻訳になりがちです。

さて、ここで気になるのが「外国語を上手に翻訳するコツ」。

これはこちらのページにそのコツを記載しました。

よかったら一緒に見て下さいね♪

関連記事

本当にグーグル翻訳が一番最強なのか?

エキサイト翻訳vsグーグル翻訳!本当に使えるのはどっち?

実際に起きた!グーグル翻訳のヤバイ翻訳集

yahoo翻訳は無料なのにめちゃくちゃ凄い翻訳機能があるって知ってた?

無料の翻訳サイトを使って、より正確な文章を書くコツ

完全無料!英語・中国語・韓国語など使いやすい翻訳サービスをまとめてみました

weblio翻訳で英語をマスターしちゃお!ウェブリオ英語翻訳の正しい使い方