ジェットスターの手荷物料金はいくらになる?損せずジェットスターを利用する方法!

8498ab63959e5bfb2022155584081dbd_s

LCCと呼ばれる格安航空会社では、手荷物に関していろいろな制限があります。

ジェットスターもその例外ではなく、受託手荷物(航空会社に預けてしまう荷物)は有料です。

しかも事前に申し込むのと当日空港で預けるのでは、料金が異なります。

乗るときに泣きをみないよう、事前に気をつけなければいけません。

持ち込み可能な荷物

国内線の場合、飛行機内に持ち込める手荷物の数と重さが決まっています。

それは主要機内持込手荷物(旅行バッグなど)は1個まで。

それに加えてお手回り品(ハンドバッグや財布、傘、ノートパソコン)1個まで。

合わせて合計7Kgまでの手荷物となります。

持ち込みできるサイズは「高さ56cm×幅36cm×奥行23cm」もしくは

「高さ114cm×幅60cm×奥行11cm」超えないサイズのみが持ち込み可能です。

(※キャスターを含め、規定サイズを超えると持ち込めません)

その際、リュックと旅行カバン、旅行バッグと仕事用バッグなどの組み合わせは

主要機内持込手荷物が2個という計算になるので持ち込みできません。

受託手荷物

機内に持ち込めない手荷物は、受託手荷物として航空会社に預けることになります。

ジェットスターの受託手荷物の最低預け入れ重量は、15Kgから。

(10kgしかなくても15kgの料金になります)

そして15kgから40kgまでは5Kg単位で料金が変わります。

また、預ける荷物は一個あたりの最32kgまで。

その重さを超える場合は荷物を分けなければいけません。

少しでも安くするには

ジェットスターは格安航空であるため、荷物を預ける際に料金がかかります。

受託手荷物料は予約時ウェブサイト上で申し込むのが一番安くなります。

そして当日空港で申し込むと、一番高い料金設定になります。

例えば15kgの受託手荷物を航空チケットを取るときにに

ウェブサイトで申し込めば1,030円です

その後、出発前にウェブサイトで追加すると1,850円です

当日空港で申し込むと2,600円

全然違いますよね。

また、新千歳空港(札幌)と那覇空港(沖縄)発着は他に比べて高くなっていますので気を付けてくださいね。

超過料金を取られないために

受託手荷物は予約時に申し込むのが一番安く済みます。

なので飛行機を予約する前に、自分のいつも使っている旅行カバンのサイズや、荷物を入れた時の重さを事前に計っておきましょう

また自分の申し込んだ重量より実際の手荷物が重いと、超過料金がかかります。

少し余分に重く申し込んでおいたほうがいいかもしれませんね。

特に注意が必要なのが、旅行に行った時の帰りの便。

手荷物はもちろん、受託手荷物もお土産や着替えで荷物が増えますので、重さには十分気を付けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする