ポケモンGOで何キロ痩せる?簡単カロリー計算!

top

スポンサードリンク

こんにちは、千尋です!

ポケモンGOがようやく解禁され、私もお昼休みを利用して捕まえに行ってきました!

今日の成果はこんな感じ

移動距離:1.9km

時間:約40分

時速:2.85km

発見したポケモンの種類:9種類

捕獲したポケモンの匹数:13匹

やはり、スマホをしながらだととてもゆっくりになってしまいますね。

ポケモン発見時はスマホがバイブ機能で振るえますので、そんな時は脇に寄って歩きスマホにならないように配慮しましたが、

やはり後続に人がいないかなど、辺りも気にしながら進まなければなりません。

以上のことを踏まえながら、今回は消費カロリーについて考えてみましょう!

ポケモンGOの消費カロリー

まずはポケモンGOプレイ中の消費カロリーについて。

計算は時速3Km    2.8メッツ×体重×時間=消費カロリー(kcal)で算出されます。

いかがでしょうか?意外と多い?少ない?

もっと効率をあげるなら、画面をジッと見て進むのではなく、さっささっさと大股歩きで早歩きにすること。

私も振動があったときだけ見るようにして、時速約3キロでした。

ジッと画面を見ながら進むと、消費カロリーはみるみる減ります。

タマゴの孵化

さらに、ポケストップを利用していると、タマゴをゲットすることがあります。

このタマゴを孵化させるには、タマゴを「ふかそうち」にセットし、移動によってタマゴを孵化させることができます。

ここらへんは、今までのポケモンをやっていたらイメージが付くのではないでしょうか?

ゲームの中のポケモンでは、育て屋さんにポケモンを預けると、いつの間にかタマゴを産んでいて、そのタマゴを持ってあちこち歩くとタマゴが孵化しますよね。

それがリアルになった感じです。
孵化は歩数でなく距離で計算しているので、実際に移動する必要があります。

この孵化において、最も効率が良い移動方法は徒歩でしょう。

時速10km以下で移動しなければなりませんので、ママチャリで走っても15キロは簡単に出てしまいます。

タマゴは必要距離が多いほどCPが高いorレアなポケモンが生まれやすいので、ポケモンのゲットよりもタマゴを優先して孵化させるのがおすすめです。

ちなみに10キロ歩いた時なのですが、実はダイエットに関して言えば

「歩く速さ」と「歩いた時間」が大切です。

でも、歩き始めだと、すぐに10キロなんて歩けないですよね。

10キロ歩くだけでも、最初は2時間近くかかりますから。

なので、以下の計算ツールを使って一度あなたの消費カロリーを計算してみてください。

例えば1日目は調子がいいから時速◯キロぐらいで歩けたな、2日目はちょっとゆっくり歩こう…そんな感じで、調整してみてください。