佐川急便は遅い&届かない、クロネコヤマトは……という【都市伝説】は何故生まれたのか

スポンサードリンク

こんにちは、千尋です!

ネットでまことしやかに囁かれる「佐川急便は配達が遅い」「荷物が届かない」

「クロネコヤマトのほうがマシ…」という噂。

一度は見たり聞いたりすることがあるのではないでしょうか?

では実際はどうなのでしょうか。

「時間指定」の実情

こちらの記事にも書いていますが、実は時間指定とは

「そのお時間に届けれるように努力します」という企業側の努力目標なんですね。

時間指定はあくまで無料の付加サービスなので、

絶対守らなければいけないルールではありません。

しかも、時間指定は現場で「なんとかしろ」というレベル。

つまりドライバーさんの判断次第なのです。

何故現場任せになってしまうか。

それは私達が荷物を預ける際、翌日や配達日指定、時間指定といった具合に、日本全国からなんの制限もなく受けつけていますよね。
その地区の配達可能個数は1日何個まで、とか、午前中指定は何個までだからそれ以上は無理!

なんて断られた事はないと思います。

(※補足…一部報道によると、クロネコヤマトが今後制限を設けるそうです

集められた荷物は、これまでのデータから効率的な集配ルートを設定。

そして各家庭に集配されるのです。

ただ、荷物や時間指定が集中したらそれだけで物理的に対応できません。

それが遅れの原因の一つとなります。

何故佐川の方が遅れがちなのか

ヤマトと比べ、佐川の方が遅れがちと言われるのは、やはり営業所の数の違い。

ヤマトは集配所が約7000ヶ所。(2015年4月の時点では6,347だとか)

佐川急便は集配所が約360ヶ所しかないそうです。

「宅急便」として成長していたヤマトと違い、佐川はもともと「運送事業」でしたので

そこら辺の違いも大きいのでしょうね。

特に地方だと、佐川の営業所が一県に2~3箇所しかなかったりします。

そのため、集配担当コース~営業所の行き来だけで相当の時間を要します。

以上の「佐川の担当地域は広範囲過ぎる」というのが遅れの原因の一つです。

ちなみに佐川は「配達時間指定不可能地域」を公表しているので、

ちゃんと時間指定しているのに、毎回時間通りに来ない!」という方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

(これをもっと周知してほしいんですけどね…私が前に住んでいた地域が当てはまってました)

◯◯な利用者の存在

先日もテレビでやっていたのですが、この仕事は分単位秒単位の仕事で、余分な時間は全くありません。

歩合制という形態をとっていれば、なおさら時間は重要になってきます。

1軒で1分余分に時間を取られたとしたら、50軒目には50分の遅れが、100軒目には2時間近い遅れになります。

そこで問題になるのがやはり「不在」問題。

ドライバーのお兄さんに聞いたら、時間指定しているのに不在という家や

「ナマモノだからとりあえず午前中にしといて」と、

ざっくりと時間指定する差出人も意外と多いのだとか。

(私の親戚も実はそのタイプ…事前に教えてよ!って思います)

懸賞系も、なぜか午前中指定が多いそう。

(主婦が多いからでしょうか?)

時間指定された以上は、他の荷物よりも優先的に向かうのですが

そこで不在だと……。

当然、無駄骨になってしまいますよね。

それらが積み重なって、どんどん遅れてしまうそうです。

午前中にこの流れが上手く行かないと、なかなかリカバリ出来ないとか。

そして本当にその時間に荷物が届いてほしかった人に

影響が出てしまうこともしばしば。

再配達を申込んだのに言ってもその時間にいない家、

代引き商品だけどお金がないから出直してくれ、

受取人の都合を聞かずに出してしまう差出人などなど

「無意識に悪質になってしまっている利用者」によって、

配送が遅れてしまうことが一つの要因になっているのです。

ドライバーさんによっては

「この家はこの時間に絶対いない」という経験から

ピンポンを鳴らさず不在通知を残して去っていく人もいるそう。

(正直これは心当たりあります…)

不在・再配達のたびにガソリン代や人件費がかかっていますが

利用者全員の意識レベルが変われば、運送費も安くなるんでしょうね…

どんどん通販が増えている以上、難しいとは思いますが(;´∀`)

実際のところ…私の感想

あちこち点々としていた身からぶっちゃけますと、

佐川とクロネコヤマト、どちらがいいかと聞かれれば

「場所による」という感想です(笑)

鹿児島の某離島で住んでいた時は、クロネコヤマトのほうが

営業所があちこちに設置されていたのでスムーズでした。

佐川は「奄美大島」という島にしか営業所がなかったらしく

問い合わせてもなかなか…。

逆に四国の某所では、クロネコヤマトのほうが

いい加減で佐川のほうが真面目。

営業所のスタンスや、ドライバーさんの士気も関係しているのでしょうが

本当に「場所によっていろいろだなぁ…」という感じでした。

仕事で使っている上では、佐川さんのほうが交渉がしやすかったです。

ヤフオクの出品などで頻繁に利用する方は、交渉によっては佐川さんのほうが割引率が大きいかもしれませんね。

佐川急便の番号追跡・荷物の位置検索

佐川急便の再配達が来ない時のトラブル対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする